ブータンへの旅。ブータンをはじめ世界各国への個人旅行やツアー・航空券や査証の手配

新たな感動、笑顔の出会い、未知なる体験
皆様の心に残る旅をお届けします
世界に一つしかない理想の旅、本当の幸せを感じる旅へ

Mail:info@gnhtravel.jp
電話:03-6416-1555
ファックス:03-6416-1543

GNHについて

GNHで行く世界の旅

お申し込みの方法

おすすめ情報

航空券・査証等の手配

ブータンへの旅

インドへの旅

ネパールへの旅

チベットへの旅

バングラデッシュへの旅

東南アジアへの旅

スタッフからお客様へ

GNHスタッフによる便利な情報はこちら!

GNHフォトギャラリー

GNHスタッフによる旅の写真満載!





お問い合わせ




仕事を楽しむためのWebマガジン


GNHで行くブータンへの旅 ~ブータン旅行はGNHトラベル&サービスにお任せ下さい!

これまで二つのページでご案内しておりましたGNHトラベルのブータンの旅。
今回より内容を充実させる為下記ページに統一させていただきました。

⇒ ”ブータン旅行ならGNHトラベル&サービスにおまかせ!”

今後より情報・内容など充実させてまいります!
ご期待くださいませ!!

【特別企画】第5回 真家・関健作氏同行 せの国・ブータン ブータンの笑顔に出会う旅(バンコク発着)

ツアーイメージ
今年もやります!!毎年ご好評をいただいておりますGNHトラベル&サービスがお届けする夏の特別企画。写真家・関健作氏と旅するブータンの旅発表!!

第5回 写真家・関健作氏同行 幸せの国・ブータン ブータンの笑顔に出会う旅 (バンコク発着)

【2016年ツアー終了】第4回 真家・関健作氏同行 せの国・ブータン ブータンの笑顔に出会う旅(バンコク発着)

12788756_965076880195060_1596137195_o
毎年ご好評をいただいておりますGNHトラベル&サービスがお届けする夏の特別企画。写真家・関健作氏と旅するブータンの旅発表!!

第4回 写真家・関健作氏同行 幸せの国・ブータン ブータンの笑顔に出会う旅 (バンコク発着)






【2015年ツアー終了】 フォトグラファー ヨシダ ナギ と行く秘境ツアー ブータン編

GNHトラベル&サービスがお届けする秋の特別企画。フォトグラファー ヨシダ ナギと行くブータンの旅を発表しました!
人数限定の特別ツアーです。この機会にぜひご参加ください!!

フォトグラファー ヨシダ ナギ と行く秘境ツアー ブータン編

GNHトラベル&サービスで行くブータンの旅は・・

延泊のご希望やホテル・航空会社のご指定、日程内容、訪問地のご希望、つりやフラワーウォッチング等のご希望等、皆様のご希望をどんなことでもお気軽に投げかけてください!
学生さんは割引もありますのでお安くご案内が可能です!
ブータンでは数少ない日本語ガイドの手配もお任せ下さい。GNHでは日本語ガイドのご案内を100%お約束!
経験豊富なブータン大好きスタッフが本当の「旅」づくりのお手伝いをさせていただきます。
ブータンへの旅はGNHで!

■ブータン一般情報
ブータンお祭りリスト(2015年)ブータンで暮らす(外部リンク)
■ブータンの旅のキーワード
タシ・タゲ四天王

【特別企画】 第5回 写真家・関健作氏同行 幸せの国・ブータン ブータンの笑顔に出会う旅 (バンコク発着)

関さん写真クズザンポーラ。

僕が初めてブータンを訪れたのが2007年、関わって今年で10年になります。

僕を魅了したブータンという国を少しでも多くの方に知ってもらいたい、という想いでGNHトラベルさんと旅の企画をはじめました。
この「ブータンの笑顔に出会う旅」も今年で5回目となります。
今回も僕が思うブータンの魅力を詰め込んだ旅になっています。


ブータンでもっとも美しい谷ポプジカでは一般家庭へ3連泊のホームステイ。現地の人々と共にリアルな生活を体験していただけたらと思っています。
毎回大好評の学校訪問では子供たちや先生方と交流していただき、教育について考える日もあります。
同行するのは日本語が堪能すぎるブータン人ガイド・プブさん。元お坊さんだけあり、彼と巡る仏教の聖地は知恵と探求の旅となること間違いなし!ブータン仏教の今と昔をじっくり学べます。
おすすめする絶景スポットで僕の撮影レクチャーもありますよ。

今回の旅も”人々との交流”をメインとした日程となっております。
ブータンの笑顔、会いに行きませんか?
ご参加をお待ちしてます!

写真家 関健作


関 健作 Kensaku Seki
写真家。1983年、千葉県に生まれる。
2006年、順天堂大学・スポーツ健康科学部を卒業。
2007年から3年間体育教師としてブータンの小中学校で教鞭をとる。
2010年、帰国。小学校の教員をしながら写真展を開催。
2011年から写真家の活動をはじめ、ブータンで生きる人々をテーマに撮影している。

現在は、ブータン、チベット文化圏、教育をテーマに撮影している。ブータンの幸せの価値観を伝えるべく、講演会や執筆活動も積極的に行っており、 寄付や売り上げで集まったお金でブータンに体育用具を贈る活動もしている。

ブータン語(ゾンカ語)翻訳、コーディネーター。

APAアワード2017 写真作品部門 文部科学大臣賞受賞。


【著書】
写真集 祭りのとき、祈りのとき』(私家版)
ブータンの笑顔  新米教師が、ブータンの子どもたちと過ごした3年間』(径書房)
撮り・旅!地球を撮り歩く旅人たち』(ダイヤモンド社)
【関健作氏ホームページ】
KENSAKU SEKI PHOTO WORKS
写真家関健作official facebook
DSC_5342D4X_1462DSC_3479D4X_1733
 日付都 市 名交通手段日 程 内 容
1日目

8/20

(日)

バンコク

パロ

パロ

ティンプー

国際線

 

専用バス

朝(04:00)、バンコク空港にて関さんと合流します。

早朝の経由便にてブータンの空の玄関口・パロへ。

着後、簡単なパロ谷の観光(キチュ・ラカン、パロ・ゾン等)の後、専用バスにて首都・ティンプーへ向かいます。

着後、ティンプー市内観光第3代国王記念仏塔、チャンガンカ・ラカン、尼僧院、ブッダポイントの展望台、中央政庁タシチョ・ゾン等)

【食事 朝:× 昼:〇 夜:〇】

(ティンプー:プンツォ・ペルリ泊)

2日目

8/21

(月)

ティンプー

ポプジカ

専用バス

専用車にてドチュ・ラ(峠:約3100m)を越え、ポプジカ谷へ向かいます。

※晴れていれば峠から雄大なブータン・ヒマラヤの姿を望む事が出来ます。

本日からポプジカ谷で3連泊のファームステイ。伝統的な暮らしを送るポプジカ谷の民家に宿泊します。

※2~3つの農家に分宿となる可能性があります。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(ポプジカ:農家泊)

3日目

8/22

(火)

ポプジカ

 

終日、ポプジカ滞在。

関さんと一緒にブータンを知り、感じ、体験する一日です。学校訪問も予定しています。

※夕食はホームステイ先の家族と共にブータン家庭料理を作り、一緒にお召上がりいただきます。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(ポプジカ:農家泊)

4日目

8/23

(水)

ポプジカ

 

終日、ポプジカ滞在。

関さんと一緒にブータンを知り、感じ、体験する一日です。この日はポプジカ谷をゆっくりと散策し、大自然と人々との出会いを満喫します。

※夕食はホームステイ先の家族と共にブータン家庭料理を作り、一緒にお召上がりいただきます。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(ポプジカ:農家泊)

5日目

8/24

(木)

ポプジカ

プナカ

パロ

専用バス

朝、ホームステイ先の家族とお別れし、一路パロへ向かいます。

途中、古都・プナカに立ち寄りプナカ・ゾン、チミ・ラカンを訪問します。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(パロ:ジグメリン泊)


6日目

8/25

(金)

パロ

(タクツァン僧院)

 

専用バス

ハイキング

専用バスにてドゥゲ・ゾンへ。晴れていれば女神の住む山ジョモラリを望むことができます。
その後、ブータンに仏教をもたらしたパドマサンヴァバが瞑想した聖地・タクツァン僧院へのハイキング(往復約7時間)

※この日にチュンブにご案内させていただくことも可能です。

夜はホテルにてさよならパーティーを開催します。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(パロ:ジグメリン泊)

7日目

8/26

(土)

パロ

バンコク

国際線

午前発の経由便にてバンコクへ。着後、解散。

【食事 朝:〇 昼:× 夜:×】

旅行期間・条件など

■2017年8月20日(日)~8月26日(土) タイ・バンコク発着 7日間       ■最少催行人数 : 4名様(15名様限定)
■添乗員は同行しませんが、バンコク空港よりバンコク空港まで関健作氏が講師として同行します
■タイ・バンコク スワンナプーム国際空港発着

旅行費用(バンコク発着・お1人様あたり)

ご旅行費用   :  298,000円
個室使用料   :   12,000円 (ホテル泊分)
■旅費の一部は関健作氏が取り組まれているブータンに体育用具を贈る青少年活動の費用に充てさせていただきます。

写真家・関健作氏と行くブータンの旅 ~ブータンの笑顔に出会う旅~ ご参加者の声

■2013年8月 第1回ツアー (ご参加者9名)こちらから
■2014年8月 第2回ツアー (ご参加者10名)こちらから
■2015年8月 第3回ツアー (ご参加者5名)こちらから
■2016年8月 第4回ツアー (ご参加者14名)こちらから

ここが違う!写真家・関健作氏と行くブータンの旅

■現地では毎晩食事時に関さんを囲んでお話会や座談会を開催します。
■ブータンをメインに写真家として活躍する関さんだからこそ知る絶景の写真スポットにご案内。
■ツアー中は関さんがブータンの風景の中や地元の人々と一緒に皆さんの写真を撮影。
 帰国後にそれらの写真をプレゼントいたします! 
■ポブジカ谷では小学校訪問を予定しています。
 実際にブータンの小学校で教師として働いた経験を持つ関さんと共に子どもたちと交流します。
■何よりも関さんと行くからこそ出会う事が出来る”ブータンの笑顔”と出会う旅です!
■海外在住の方でもご参加しやすいようにタイ・バンコク発着でのご案内です。

GNHトラベル&サービスで行く 「幸せの国」ブータンの旅!

■ご出発前に「ブータン観光公式ガイド」をプレゼント!
■面倒な出入国カードの記入は不要!事前に出入国カードを記入してお渡ししていています。
■現地到着後には切手付きの絵葉書(お一人様2枚)とブータンの小物入れをプレゼントしています!
■ブータン滞在中のミネラルウォーターは現地にて毎日お配りしております!お一人様一本だけではなくお好きなだけどうぞ!
GNH PEDpresent-1







■ご注意等
※上記費用には日程表明記の全宿泊(宿泊は二名一室(民家泊除く)、バンコク~パロ往復の航空券代(エコノミークラス)及び諸税金、ブータン内の専用バス、ガイド費用、食事代や現地スタッフへのチップ等費用が含まれています。
※上記費用とは別途ブータン査証代実費(4,800円)と査証取得代行手数料(3,000円:税込み)が必要となります。
※日程2・3・4日目はポブジカ谷の民家に宿泊します。お風呂(シャワー)は無く、トイレも一つのみ。家族と共用となります。また就寝時は仏間などでお休みいただき、男女同室となる可能性がございますし、民家分宿となる可能性もございます。予めご了承ください。

お申込み・お問い合わせ・航空券の手配などは

※バンコクまでの航空券や宿泊・送迎等の手配も可能です。ご希望の方はお申し込みの際にその旨お知らせください。当旅行に関しGNHトラベル&サービスでバンコクまでの航空券をお求め頂いたお客様にはご自宅~空港間往復のお荷物宅配用クーポンをサービスさせていただきます。
※当旅行のお申し込みは関健作氏ではなく直接GNHトラベル&サービスにお申込みください。
※お申し込み・お問い合わせはこちらから

【特別企画】 第4回 写真家・関健作氏同行 幸せの国・ブータン ブータンの笑顔に出会う旅 (バンコク発着)

DSC_2861クズザンポーラ。

2007年からブータンを撮影している写真家の関健作です。
3年間ブータンで教師を務め、その後も写真家としてブータンと関わり続けています。

ぼくがブータンに行きたいと思ったのは大学2年の時のテレビ番組がきっかけでした。
ヒマラヤの麓にある小さなその国に住んでいる人々は、キラキラした瞳、自然な内側から溢れでてくるような笑顔が印象的でした。


3年間の赴任生活はずっと夢に描いていただけあって、刺激的な毎日でした。
相手を深く思いやるコミュニケーション、仏教的な考え方、人とのつながり、ブータンの人々から学んだことは計り知れません。
彼らと一緒に生活をし、一番記憶に残っているのはやはり「笑顔」でした。
もっともっと彼らのことを深く知りたい、ずっと続けて関わっていきたい、そんな思いで今は写真家としてブータンを追い続けています。

少しでも多くの方にこの国を知ってもらいたい。そんな思いから毎年、ツアーを企画させていただいています。
ブータンの魅力はなんと言っても人です。
今回もぼくが一番お勧めしたい”人々との交流”をメインとした日程になっています。
一般家庭にホームステイし、リアルな食文化や生活知恵に触れてみたり、
のどかなブータンの村々を散歩し、彼らの農作業風景をみたり、手伝ったり。
現地の学校を訪問し、子どもたちの笑顔に触れ、教育について考える日もあります。

写真家として、現地ではバッチリ撮影のレクチャーもさせていただきますよ。
ブータンに行きたいなーと思っていた方、旅先で素敵な笑顔に出会いたい方、ブータンを心ゆくまで撮影したい方。
ご参加をお待ちいたしております。
 

ブータン写真家 関健作


関 健作 Kensaku Seki
2006年 順天堂大学 スポーツ健康科学部を卒業。
      世界で自分の力を試したい、世界で一番幸せな国と言われるブータンを体験したい、 という想いから青年海外協力隊に応募。
2007年 ブータンに赴任。 体育教師として3年間、小中学校で体育普及活動を行い、 ブータン人の「笑顔」や「生き方」に魅了される。
2010年 帰国して小学校の教員をしながら写真展を開催。
2011年 本格的にブータン写真家の活動を始める。

現在は、ブータン、チベット文化圏、教育をテーマに撮影している。ブータンの幸せの価値観を伝えるべく、講演会や執筆活動も積極的に行っており、 寄付や売り上げで集まったお金でブータンに体育用具を贈る活動もしている。

【著書】
ブータンの笑顔  新米教師が、ブータンの子どもたちと過ごした3年間』(径書房)
撮り・旅!地球を撮り歩く旅人たち』(ダイヤモンド社)
【関健作氏ホームページ】
KENSAKUSEKI PHOTOGRAPH
KENSAKU SEKI PHOTO WORKS
ブータン写真家関健作official facebook

-24DSC_4904afc180_e0e965714f224ff0b55e202d9b610fedafc180_0fa493d37bad4c358bb5853ee4bf77bb
 日付都 市 名交通手段日 程 内 容
1日目

8/22

(月)

バンコク

パロ

パロ

ティンプー

国際線

 

専用バス

朝(06:30)、バンコク空港にて関さんと合流します。

早朝の経由便にてブータンの空の玄関口・パロへ。着後、専用バスにて首都・ティンプーへ向かいます。午後、ティンプーの市内観光(第3代国王を記念したメモリアル・チョルテン、ブッダポイントの展望台、チャンガンカ・ラカン、中央政庁タシチョ・ゾン等)

夕食はブータン料理をお召し上がりいただきます。

【食事 朝:× 昼:〇 夜:〇】

(ティンプー:プンツォ・ペルリ泊)

2日目

8/23

(火)

ティンプー

プナカ

(タロ)

ロベサ

専用バス

専用車にてドチュ・ラ(峠:約3000m)を越え、かつて冬の間に首都が置かれていたプナカへ向かいます。

※晴れていれば峠から雄大なブータン・ヒマラヤの姿を望む事が出来ます。

プナカ・ゾンを見学した後、歴代のシャブドゥンが住んだタロの集落を訪問します。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(ロベサ:ロベサホテル泊)

3日目

8/24

(水)

ロベサ

ティンプー

パロ

専用バス

朝、ロベサ郊外の丘の上に建つチミ・ラカンを徒歩にて訪問します(片道約30分の簡単なハイキングです)。

その後、専用車にて再びドチュ・ラを越えて首都・ティンプーに戻ります。着後、ティンプーの自由散策をお楽しみください。

午後、ゆっくりとパロへ。着後、街の散策などをお楽しみいただきます。

パロでは本日から二連泊のファームステイ。伝統的な暮らしを送るパロ郊外の農家に宿泊します。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(パロ:農家泊)

4日目

8/25

(木)

パロ

専用バス

終日、パロ滞在。関さんと一緒にブータンを知り、感じ、体験する一日です。学校訪問も予定しています。
※夕食はホームステイ先の家族と共にブータン家庭料理を作り、一緒にお召上がりいただきます。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(パロ:農家泊)

5日目

8/26

(金)

パロ

(タクツァン僧院)

 

専用バス

ハイキング

朝、ホームステイ先の家族とお別れします。
専用バスにてドゥゲ・ゾンへ。晴れていれば女神の住む山ジョモラリを望むことができます。
その後、ブータンに仏教をもたらしたパドマサンヴァバが瞑想した聖地・タクツァン僧院へのハイキング(往復約7時間)
夜はホテルにてさよならパーティーを開催します。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(パロ:ジグメリン泊)

6日目

8/27

(土)

パロ

バンコク

国際線

午前中、映画・リトルブッダの撮影地にもなったパロ・ゾンブータン最古の寺院の一つキチュ・ラカンを観光します。

午後発の経由便にてバンコクへ。着後、解散。

【食事 朝:〇 昼:× 夜:×】

旅行期間・条件など

■2016年8月22日(月)~8月27日(土) タイ・バンコク発着 6日間       ■最少催行人数 : 4名様(15名様限定)
■添乗員は同行しませんが、バンコク空港よりバンコク空港まで関健作氏が講師として同行します
■タイ・バンコク スワンナプーム国際空港発着

旅行費用(バンコク発着・お1人様あたり)

ご旅行費用   :  238,000円
個室使用料   :   12,000円 (ホテル泊分)
■旅費の一部は関健作氏が取り組まれているブータンに体育用具を贈る青少年活動の費用に充てさせていただきます。

ブータン写真家・関健作氏と行くブータンの旅 ~ブータンの笑顔に出会う旅~ ご参加者の声

■2013年8月 第1回ツアー (ご参加者9名)こちらから
■2014年8月 第2回ツアー (ご参加者10名)こちらから
■2015年8月 第3回ツアー (ご参加者5名)こちらから

ここが違う!ブータン写真家・関健作氏と行くブータンの旅

■現地では毎晩食事時に関さんを囲んでお話会や座談会を開催します。
■ブータン写真家として活躍する関さんだからこそ知る絶景の写真スポットにご案内。
■ツアー中は関さんがブータンの風景の中や地元の人々と一緒に皆さんの写真を撮影。
 帰国後にそれらの写真をプレゼントいたします! 
■現地でパロで小学校を訪問します。
 実際にブータンの小学校で教師として働いた経験を持つ関さんと共に子どもたちと交流します。
■何よりも関さんと行くからこそ出会う事が出来る”ブータンの笑顔”と出会う旅です!
■海外在住の方でもご参加しやすいようにタイ・バンコク発着でのご案内です。

GNHトラベル&サービスで行く 「幸せの国」ブータンの旅!

■ご出発前に「ブータン観光公式ガイド」をプレゼント!
■面倒な出入国カードの記入は不要!事前に出入国カードを記入してお渡ししていています。
■現地到着後には切手付きの絵葉書(お一人様2枚)とブータンの小物入れをプレゼントしています!
■ブータン滞在中のミネラルウォーターは現地にて毎日お配りしております!お一人様一本だけではなくお好きなだけどうぞ!
GNH PEDpresent-1







■ご注意等
※上記費用には日程表明記の全宿泊(宿泊は二名一室(民家泊除く)、バンコク~パロ往復の航空券代(エコノミークラス)及び諸税金、ブータン内の専用バス、ガイド費用、食事代や現地スタッフへのチップ等費用が含まれています。
※上記費用とは別途ブータン査証代実費(4,800円)と査証取得代行手数料(3,000円:税込み)が必要となります。
※日程3・4日目はパロ郊外の民家に宿泊します。お風呂(シャワー)は無く、トイレも一つのみ。家族と共用となります。また就寝時は仏間などでお休みいただき、男女同室となる可能性がございますし、民家分宿となる可能性もございます。予めご了承ください。

お申込み・お問い合わせ・航空券の手配などは

※バンコクまでの航空券や宿泊・送迎等の手配も可能です。ご希望の方はお申し込みの際にその旨お知らせください。当旅行に関しGNHトラベル&サービスでバンコクまでの航空券をお求め頂いたお客様にはご自宅~空港間往復のお荷物宅配用クーポンをサービスさせていただきます。
※当旅行のお申し込みは関健作氏ではなく直接GNHトラベル&サービスにお申込みください。
※お申し込み・お問い合わせはこちらから

「ブータンの旅 トップページ」


【2015年ツアー終了 特別企画】 フォトグラファー ヨシダ ナギ と行く秘境ツアー ブータン編

修正済_DSC5828 - コピーみなさん、こんにちは。フォトグラファーの ヨシダ ナギ です。

わたしは幼少の頃、アフリカ人に憧れを抱いてからというもの、アフリカをはじめ、世界中の少数民族や部族を撮影してまわっています。

今回のツアーでは前々からとても興味のあった秘境ブータンに挑もうと思います。
ブータンという国には日本人のわたしたちにとって謎に包まれた文化や風俗が多く残っているということで、どんな人たちに会えるか、いまから少々興奮気味です。
(しかも!この時期しか山から下りてこない『ラヤッパ』という遊牧民族にも、もしかしたら会えるかも!とのこと)
道中では、これまで培った民族との距離の詰め方や笑顔の引き出し方や、アフリカやインドでの珍経験なども交えながら、楽しいツアーにできたらと思っています。
奮ってご参加くださいませ!
フォトグラファー ヨシダ ナギ

同行講師 フォトグラファー ヨシダナギ

1986年生まれのフォトグラファー。
幼少期からアフリカ人に意味の分からない憧れを抱き「自分も大きくなったらアフリカ人のような姿になれる」と信じて生きるがなれなかったため、アフリカ人のポートレート写真を現地に渡って撮り始める。
アフリカの裸族とともに裸になったことがフューチャー、その奔放な生き方と写真が評価され、さまざまなメディアで紹介される。
近年ではアフリカ人の写真を撮りながら講演会やコラム寄稿などを行っている。
nagi yoshida official web site
nagi yoshida official blog -自由奔放な女の写真放浪記-
Nagi Yoshida Photgraphy official Facebook page

■WEBメディア
・巨大ブログメディアSpotlightに『美しすぎるフォトグラファー』として紹介
■寄稿
コラム(連載中):フジサンケイグループ イノベーションズ・アイ
エッセイ(不定期):一般社団法人日本ギャップイヤー推進機構教会(JGAP)
IMG_3052IMG_6054IMG_6322IMG_2522IMG_99991 (41)IMG_6290
 日付都 市 名交通手段日 程 内 容
1日目

10/26

(月)

バンコク

パロ

パロ

プナカ

国際線

 

専用車

■早朝(04:00)、バンコク空港にて集合。nagi yoshidaと合流。

早朝のインド・コルカタ経由の便で、ブータンのパロへ。
着後、専用車にて、一路、プナカへ。途中、ドチュ・ラ(標高3,150m)を越えます。晴れていれば峠から雄大なブータンヒマラヤの姿を望む事が出来ます。

【食事 朝:× 昼:〇 夜:〇】

(プナカ:サンドペルリホテル又は同等クラス泊)

2日目

10/27

(火)

プナカ

ブムタン

専用車

専用車にて、中央ブータン・ブムタン谷のジャカルへ向かいます。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(ブムタン:ミーファムゲストハウス又は同等クラス泊)

3日目

10/28

(水)

ブムタン

専用車

終日、ブムタン谷の観光(ジャンペ・ラカンの祭見学等)。
お祭り会場では民族衣装で着飾ったブータン人も多くみられます。また、夜に行われる裸踊りのお祭りも見学予定です。
※裸踊りの写真は撮ることが出来ません

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(ブムタン:ミーファムゲストハウス又は同等クラス泊)

4日目

10/29

(木)

ブムタン

トンサ

 

専用車

終日、ブムタン観光(プラカール・ディチョイドのお祭り、クジェカラン、ジャカル・ゾン、街の散策等)。
夕方、専用車にてトンサへ向かいます。

【食事 朝:〇 昼:〇 夜:〇】

(トンサ:スタンダードクラスホテル泊)

5日目

10/30

(金)

トンサ

プナカ

専用車

朝、トンサ・ゾンを見学します。その後、プナカへ。
着後、プナカ・ゾン等を見学します。

【食事 朝:〇 昼:○ 夜:○】

(プナカ:プナカ:サンドペルリホテル又は同等クラス泊)

6日目

10/31

(土)

プナカ

ガサ

専用車

プナカよりガサへ向かいます。着後、ガサ・ゾンや町の散策ガサ温泉での温泉浴等をお楽しみください。 遊牧民族のラヤッパが街に下りてきている時期ですので、出会えるかもしれません

【食事 朝:〇 昼:○ 夜:○】

(ガサ:ゲストハウス又は民家又はテント泊)

7日目

11/1

(日)

ガサ

ティンプー

専用車

専用車にてプナカを経由し、ドチュ・ラを越えて首都・ティンプーへ。
到着後、野菜バザールやブータン人でにぎわう街の散策をお楽しみいただきます。

【食事 朝:〇 昼:○ 夜:○】

(ティンプー:プンツォペルリホテル泊)

8日目

11/2

(月)

 

ティンプー

パロ

 

専用車

夕方の出発まで、終日ティンプー市内観光(メモリアル・チョルテン、チャンガンカ・ラカン、ターキン保護区、尼僧院、ブッダポイント等)。その後、パロへ向かいます。

【食事 朝:〇 昼:○ 夜:○】

(パロ:テンジンリン・リゾート泊)

9日目

11/3

(火)

パロ

(タクツァン僧院)

 

終日、パロ谷の観光(ドゥゲ・ゾン、タクツァン僧院へのハイキング(往復約6~7時間)、キチュ・ラカン、民族衣装の試着等)。

【食事 朝:〇 昼:○ 夜:○】

(パロ:テンジンリン・リゾート泊)

10日目

11/4

(水)

パロ

バンコク

国際線

専用車にて空港へ。朝発のインド・コルカタ経由の便にてバンコクへ戻ります。

着後、解散。

旅行期間・条件など

■2015年10月26日(月)~11月4日(水) タイ・バンコク発着 10日間       ■最少催行人数 : 8名様(15名様限定)
■添乗員同行。また、バンコク空港よりバンコク空港まで ヨシダナギ さんが講師として同行します
■タイ・バンコク スワンナプーム国際空港発着

旅行費用(バンコク発着・お1人様あたり)

ご旅行費用   :  428,000円
個室使用料   :   36,000円 (ご希望の方以外は同性の方と相部屋でのご案内となります)

ツアーポイント! ヨシダナギ と行くブータンの旅!!

■ツアーで撮影した写真画像のスペシャルポストカードをプレゼント(帰国後)!
■ヨシダナギ さんがブータンの民族衣装を着たあなたをシューティング! 
■ツアー中では ヨシダナギ さんによる、人物の撮り方講座や秘境を旅してきた 旅のお話など、ヨシダナギ さん同行ならではの企画を計画中です!
■海外在住の方でもご参加しやすいようにタイ・バンコク発着でのご案内です。

GNHトラベル&サービスで行く 「幸せの国」ブータンの旅!

■ご出発前に「ブータン観光公式ガイド」をプレゼント!
■面倒な出入国カードの記入は不要!事前に出入国カードを記入してお渡ししていています。
■現地到着後には切手付きの絵葉書(お一人様2枚)とブータンの小物入れをプレゼントしています!
■ブータン滞在中のミネラルウォーターは現地にて毎日お配りしております!お一人様一本だけではなくお好きなだけどうぞ!
official panfuBHUTAN EDpresent-1







■ご注意等
※上記費用には日程表明記の全宿泊(宿泊は二名一室、バンコク~パロ往復の航空券代(エコノミークラス)及び諸税金、ブータン内の専用バス、ガイド費用、食事代や現地スタッフへのチップ等費用が含まれています。
※学生割引料金(25歳以下)もございます!! 上記料金から6万円の割引が可能です!! 詳しい条件はお問合せ下さい。
※上記費用とは別途ブータン査証代実費(5,000円)と査証取得代行手数料(4,000円:税込み)が必要となります。

お申込み・お問い合わせ・航空券の手配などは

※バンコクまでの航空券や宿泊・送迎等の手配も可能です。ご希望の方はお申し込みの際にその旨お知らせください。当旅行に関しGNHトラベル&サービスでバンコクまでの航空券をお求め頂いたお客様にはご自宅~空港間往復のお荷物宅配用クーポンをサービスさせていただきます。
※当旅行のお申し込みはヨシダ ナギさんではなく直接GNHトラベル&サービスにお申込みください。
※お申し込み・お問い合わせはこちらから

「ブータンの旅 トップページ」


第3回 ブータン写真家・関健作氏と行くブータンの旅 ~ブータンの笑顔に出会う旅~ ご参加者の声

P8264664P8254205












2015年8月に実施した「第3回 関健作氏と行くブータンの旅」は5名様にご参加いただきました。その際のご感想や現地で撮影された写真をご紹介させていただきます。

茨城県 30代女性

幸せって何だろう?
それを改めて考える機会になったのが、この旅だ。日本での何不自由ない日常生活から抜け出し、まったく違う価値観にふれたいと思った。国の発展を国民の幸福度ではかる秘境・ブータンへ行くことを決めたのは、そんな時だった。
P8254195P8264521















ブータンで魅了されたものはたくさんある。手つかずの自然と抜けるような青空。人々の暮らしに深く根付いている仏教。来世や人のために祈る姿の美しさ。真っ直ぐに自分の志を語る少年修行僧。同い年の気さくな青年僧。自給自足の質素な生活のなか、真心こめてもてなしてくれたファミリー。とっても辛いけど癖になる、青唐辛子たっぷりの煮込み料理。笑顔がキラキラしている好奇心たっぷりの子どもたち。ガールズトークを仕掛けてきたかわいい女の子。お弁当のおかずをみんなで分け合う優しさ。キラやゴ(民族衣装)をかっこよく着こなす人たち。どこへ行っても「受け入れられている」感がある居心地のよさ…
これらの出会いを可能にしてくれたのが、現地語を流暢に話される、気さくな写真家の関健作さん、そして仏教の奥深さからブータンの夜這い文化(!)まで幅広く網羅している素晴らしい日本語ガイドのププ・ツェリンさん。この最強の二人のおかげで、素顔のブータンの魅力にふれることができた。
P8264667P8275007








よく食べ、歩き、人とふれあう、シンプルだけどディープな5日間。想像以上に感動した。確かにブータンは物質的には貧しいかもしれないが、そこには今の日本人が忘れてしまいがちな大切なものがある。幸せの定義は人それぞれだが、この旅を通して、自分の価値観がより豊かになったのは確かだ。

神奈川県 深澤里奈子様

2015年の夏にブータンへの旅へ行きました。
大感動の5日間。 関さんのこのツアー、素晴らしいところが盛りだくさんでした!

■関さんがブータンの言葉(ゾン語)を話せること。
12721628_975013095868105_1693628164_n


関さんが地元の人レベルでフレンドリーに土地の人と話をするので ブータンの人たちとの距離がぐっと近くなって、 ずっと滞在しているかのような感覚になります。








■子どもたちの学校に1日、自由に見学&参加させてもらえること。
12476576_975013085868106_1919279137_n


体育教師をしていた関さんの学校ネットワークは素晴らしく、 学校の中を自由に見学させてもらえたり、実際に授業に参加できたり 子どもたちと話したり遊んだり、教育の場を真近で体験できます。








■民泊にてブータンの人たちの生活にリアルに関われること。
12721868_975013092534772_1923620435_n


ブータンの田舎の家に連泊させてもらえるので、 家族の一員のように生活を体感できます。 ブータンの人も1年間に何回かしか入らないという‘石風呂’は最高でした!








■ツアーガイドの「ププさん」が日本語が流暢なこと。
12674336_975013082534773_1893256219_n


ププさんの日本語は日本人より流暢で、かつ、日本人が大切にしてきた精神性の 奥深い宗教観(神社の思想や仏教)と、ブータンのチベット仏教をからめて 説明してくれるので、すっごい学びになります!








■ブータン人の本質的思想に感動 幸福感の秘訣! 分かっちゃいました!
12443121_975013089201439_634221068_n12443128_975013079201440_730726031_n













こういう思想や感覚が生活の中に根付いてることによって、幸福感度が高いんだ!と。 答えは行ってからのお楽しみです♪ 素晴らしい仲間ともであえます。 「ブータンの笑顔に出会う旅」楽しんでください。
深澤里奈子

東京都 20代 女性

関さんの本と写真に引き込まれて、勇気を出してブータンの旅に参加する決断をしました。
当初は知り合いもおらずに、一人で参加ということで不安もありましたが、空港で旅の仲間に出会ってからブータンに入国するまでの間に、不安は全て吹き飛びました。同じ感性を持つ者同士で、何年も前からお互いを知っていたような感覚でした。

この旅の仲間とは、日本に帰国してからも一緒にご飯を食べに行くなど、ご縁が続いています。

日本では、ブータンは「幸せの国」として知られていることが多いです。
なぜ「幸せの国」なのか、本当にブータン人は「幸せ」なのか、そもそも「幸せ」とは何なのか。
その答えを得るには、ブータンに行くことが近道のように思います。

自分の目で見て、耳で聞いて、肌で触れて…ブータンという国や人の幸せを体感してほしいです。

個人的には、ブータンは、 どこよりも真剣に幸せについて考え、幸せを追求して行動する国だと感じています。
12595978_975904119112336_126618863_n12721754_975904095779005_2048714517_n











また、関さんとブータン人ガイドさんが、本当にブータンのことやチベット仏教のことなどをよく知っているので、何を質問しても120%の答えが返ってきたり、現地のブータン人の中にスッと入っていくことが出来たりと、充実の日々でした。

12476356_975904092445672_1235253594_n











こんなツアーはなかなか無いのではないかと思います。

特に印象に残っているのは、ブータンの一般家庭にホームステイしたことと、ブータンの学校に訪問したことです。

12404661_975904109112337_1254898376_n











ホームステイした御家庭は、昔ながらの伝統的なお宅で、アパ(お父さん)とアマ(お母さん)が家庭的なお料理を作ってくれました。
一緒に唐辛子を刻んだり、食事前のブータン流のお祈りの仕方を習ったり、おもてなしのアラ(お酒)を頂いたりしました。
子どもたちとは、日本からお土産として持って行ったコマで遊んだり、簡単な英語やジェスチャーで会話したりしました。

翌日は、ホームステイ先の子どもたちと一緒に学校に登校しました。
朝は朝礼から始まり、全校生徒で掃除をしてから、授業が始まりました。
様々な学年の授業を見学し、昼食は外で子どもたちと一緒に大きな円になり、お弁当を食べました。

子どもたちとお弁当の中身を交換して食べたり、おしゃべりをしたり、歌を歌ったりと楽しく過ごしました。
最後はホームステイ先の子どもたちや近所の子どもたちと一緒に、歩いて家に帰りました。

12421535_975904102445671_940598567_n12476529_975904105779004_285273171_n12516233_975904112445670_1590935295_n12884549_975904099112338_394535360_n12884586_975904122445669_1018900126_n


































途中で綺麗な虹を見たり、子どもたちが龍みたいな雲を見つけてはしゃいだり、将来の夢を尋ねたり、マニ車を見つけては回したり、と楽しく過ごしました。
ホームステイ先の家族と別れなければいけない時は、とても寂しかったのを覚えています。

最終日は、ツアー参加者がそれぞれ購入した民族衣装の「ゴ」や「キラ」を着て、町中や市場を歩き回りました。
関さんがバク転をすると、近くにいた子どもたちが寄って来て笑顔で拍手をしたり、一緒に写真を撮ったりしました。

このツアーは、「ブータンを旅する」というよりも、「ブータン人になってみる」というような中身だったと思います。

豪勢なお料理やアクティビティがあるわけではありません。
しかし、たくさんの人に出会え、たくさんの「人の温かさ」を貰うことが出来ました。

今回のブータンの旅は、私にとって、生涯忘れられない旅になりました。

「【第4回】 関健作氏同行 幸せの国・ブータン ブータンの笑顔に出会う旅 (バンコク発着)」ツアー詳細
「ブータンの旅 トップページ」