skip to Main Content
03-6416-1555   03-6416-1543    お問い合わせ

インド入国に必要な事前手続きとインド入国の流れ(2022.6.1現在)

こちらのページではインド渡航の為の日本国内での事前準備及びインド到着後の入国・通関迄の流れについてご案内しております。
※インド渡航に関するルールが変更されましたらその都度内容を更新いたします。

日本出発前の事前準備

①航空券・インド査証(ビザ)の手配

渡航予定日、渡航先が決まりましたらまずは航空券の手配とインドビザの手配が必要です。

■航空券手配について
現在日本からインドへのエア・インディア直行便は下記の曜日で運航しています。

【エア・インディア(~2022.9.30迄のスケジュール)】
成田→デリー 火・水・金・日 (週4便)
デリー→成田 月・火・木・土 (翌日着、週4便)

※その他日本航空、全日空が羽田からの直行便を運航しています。
※現在ヴィスタラ航空の羽田発デリー行は運休しています。
※現地国内線を合わせてご予定されている方はエア・インディアのご利用が費用面からもお勧めです。

新型コロナウィルスの影響でフライトスケジュールや運航に関するルールなども頻繁に変更になります。航空券の予約サイト等からでも購入は可能ですが万が一の変更やトラブルの際はすぐに対応してくれないこともありますので現時点では旅行会社を通じてご購入されることをお勧めしています。

■インドビザの手配について
東京のインド大使館、大阪のインド領事館で発給されているステッカービザの他、インターネット上から申請・受領可能な電子ビザ(eビザ)もあります。
申請や受領に関する手続きを考慮すると現時点では電子ビザ(eビザ)がお勧めです。

【事前準備が必要な書類】
●証明写真1枚(カラー、縦5cm×横5cm、背景は白が望ましい):jpgファイルでご用意ください。
●パスポートコピー1枚:pdfファイルでご用意ください

インドの電子ビザ(eビザ)は下記オフィシャルサイトより申請が可能です。

https://indianvisaonline.gov.in/evisa/tvoa.html

ビザ代の支払いはカード決済となります。上記オフィシャルサイトに似せたサイトも多数ありますので申請の際はご注意ください。
弊社ではインドビザの代行取得手配も承っています。

②ワクチン接種証明書の取得

現在、日本政府は「紙」と「デジタル」の二種類の新型コロナワクチン接種証明書を発行しています。
現時点ではインド入国に際し、事前のワクチン接種証明書の取得は必須ではありませんが、現地到着後のインド国内移動時に提示を求められることがありますので必ず事前に取得しておくようにしてください。
インドでは二回接種完了の物でも有効と認められますが、日本帰国時の待機措置免除の為にも三回接種を完了しておくことをお勧めします。

■紙のワクチン接種証明書の取得方法
郵送や窓口、Web上からの申請が可能です。詳細は住民表登録をしている市区町村のホームページ等でご確認ください。
【申請に必要な書類】
●ワクチン接種証明書申請書(各市区町村によって異なります)
●パスポートのコピー
●本人確認書類(運転免許証や健康保険証等)
その他自治体によっては実際の渡航予定を確認される場合もあります。

■デジタルワクチン接種証明書の取得方法
マイナンバーカードをお持ちの方はご自身のスマートフォンから専用アプリで申請可能です。
詳細は下記をご参照ください。

”新型コロナワクチン接種証明書アプリ(デジタル庁)”

【申請に必要な書類】

●マイナンバーカード
●パスポートのコピー(データでご準備ください)

③PCR検査の陰性証明書の取得

日本出発72時間前以内に受検したPCR検査陰性証明書(英文、ご利用の航空会社によってはQRコード付きが望ましい)が必要です。検査方法は唾液検査、鼻咽頭ぬぐい液検査のいずれも有効とされています。
現在は受検当日、または翌日に検査結果を受け取ることが出来る検査機関がほとんどですが、検査には事前予約が必要となる場合がほとんどです。
検査代金及び証明書発行料は10,000円~30,000円程度と検査機関によって異なります。

【各空港でのPCR検査機関】
●成田空港:成田国際空港 PCRセンター
●羽田空港:海外渡航者PCR検査センター
●中部国際空港:中部国際空港診療所
●関西国際空港:PCR検査センター

その他各地にPCR検査受検及び海外渡航用の陰性証明書が発行可能な検査機関がございます。

※エア・インディア便をご利用の場合は木下グループ新型コロナPCR検査センター発行の陰性証明書(抗原検査は不可、パスポート番号入りの物が望ましい)でも問題なしとのことです。

④「Air Suvidha」への登録

ご利用便の搭乗手続き前にインド政府指定のポータルサイト「Air Suvidha」への登録が必要です。ちなみに「Suvidha」とはヒンディー語で「施設」という意味の言葉です。

”Air Suvidha(エア・スヴィダ)”

【事前にご準備いただく書類】
●航空券(eチケット控え)
●パスポートコピー(1MB以下のPDFファイルでご準備ください)
●PCR検査陰性証明書(1MB以下のPDFファイルでご準備ください)

全て英語のサイトとなりますが左上から順に下記の内容となっています。

●Full Name(お名前): パスポート表記と同じお名前でご入力ください
●Date of Birth(誕生日):カレンダーから誕生日を選択してください
●Gender(性別)
●Flight Number(インド到着便名):ご登場の便名をご入力ください
●Seat Number(座席番号):事前に座席指定されている場合は座席番号を。されていない場合は”00”をご入力ください
●PNR Number(予約番号):航空券の予約番号となります。お手元の航空券に記載されている5桁(6桁の場合もあります)のアルファベット、数字からなる予約番号をご入力ください(例:HZ1Q2等)
●Nationality(国籍):リストより国籍を選択してください
●Passport Number(パスポート番号):右側の”Upload File”からパスポートのデータをアップロードしてください
●Date of Arrival(到着日):カレンダーから到着日を選択してください
●Country of Departure(出発国):リストよりご出発地の国名を選択してください
●Are you taking a connecting Domestic flight?:最初の目的地到着後、そのまま国内線乗り継ぎを予定されている方はYesに、最初の到着地で入国される方はNoにチェックを入れてください
●Upload Vaccination Certificate:ワクチン接種証明書のアップロード。この項目は現在必須では無いためアップロードしなくても問題ありません。
●Upload RT-PCR Negative certificate:PCR検査の陰性証明書をアップロードします。右のカレンダーから検査を受けた日付を選択してください
●City of departure(出発地):ご出発の空港名を入力してください
●First Airport of Entry(入国地):リストより入国する空港名を選択してください
●First Airport of Entry State/Union Territories(入国地州名):入国地の空港名を選択すると自動的に選択されます
●FInal Destination-House Number
●FInal Destination-Street/Village
●FInal Destination-Tehsil(*)
●FInal Destination-State/Union Territories
●FInal Destination-Distrcit/City
●FInal Destination-Pincode
:上記6項目は滞在されるホテル等の住所を入力します。*マークがついているTehsilは必須項目ではありませんので未入力でも問題ありません。
●Mobile Number(携帯電話番号)
:リストより+81(日本)を選択し携帯電話の番号を入力してください。インドの携帯番号をお持ちの方はその番号を入力してください。
●Alternate Contact Number
:必須項目ではありませんので未入力で問題ありません。
●Email ID(Eメールアドレス)
:メールアドレスを入力してください
●Are you experiencing any of the following symptoms?
症状がある方はYesに、無い方はNoにチェックを入れてください
 Fever(発熱)、Cough(咳)、Respiratory Distress(呼吸困難)
●Are you suffering from
次の持病をお持ちの方はYesに、お持ちでない方はNoにチェックをいれてください
 Diabetes(糖尿病)、Hypertension(高血圧)、Bronchial asthma(気管支ぜんそく)、Cancer(癌)、Under Immunosuppresive Therapy( 免疫抑制治療中)、Post Transplant Patients(臓器移植)
●Details of the Countries visited in last 14days?

リストより過去14日以内に滞在歴のある国名を選択してください
●How many passengers are travelling?
同行者がいらっしゃる場合は人数を選択し、以降同様の内容の入力・登録をします。

最下部の三項目はインド政府の定めるガイドラインや規則を遵守する。入力内容は正確なものである。もし不正確な情報を入力していた場合は罰せられることがある。入国後も検疫やその他のルールを順守して活動するという内容になります。左側三ヶ所にチェックを入れた後”SUBMIT”を押してAir Suvidha の登録は完了です。

登録完了後、入力したメールアドレスに添付ファイル付きの下記メールが届きます。
必ず添付ファイルの内容を携帯かPCに保存する、もしくは印刷してお持ちください。念のため印刷してお持ちになられることをお勧めしています。

以上でインド渡航前の事前手続きは完了です。上記手続きは必ずご利用便の搭乗手続き前に全て完了するようにしてください。
ご不明な点等がありましたら弊社でもお手伝いいたしておりますので、お気軽にご相談ください。

インド到着後入国迄の流れ

ここではデリー空港を例に挙げ、インド到着後の入国迄の流れをご案内しております。他の空港でも全体の流れはほぼ同様となっています。

①インド到着・降機

飛行機を降りて空港内に入った後は「Immigration」と書かれた案内に沿って先に向かってください。
現時点のルールでは”到着便の乗客の中から無作為で選ばれた2%の乗客に対して到着時PCR検査を行う”とされていますが、実際にはほとんど実施されていないようです。
デリーの空港はとても広く、到着した場所によっては入国審査場まで5分以上程歩く事もあります。

②入国審査場へ

先に進んで行くと”Welcome to India”の案内が見えてきます。
ここから階段、エスカレーター、或いはエレベーターで下のフロアへ向かいます。

③入国審査

下のフロアに降りると右手に「Foreign Nationals – All Visa Types」と書かれた入り口があります。
こちらから先に進み、前方にある入国審査場で入国審査を受けます。
こちらでは
①パスポート
②ビザ(eビザを取得された方)
③Air Suvidhaの登録フォーム(※)
④ワクチン接種証明書(※)
⑤入国カード・・・機内でご記入ください
を提出します(③④は必須ではありませんが念のため)。係官の案内に従い手元にある機械で指紋の登録をした後、何も問題が無ければパスポートに入国スタンプ(eビザの方はビザスタンプも)が押され書類が戻されます。
忘れないように全て受け取り先に進みます。

【インド入国カード記入例】

④荷物受け取りへ

入国審査終了後、先に進んで行きます。
途中で係官によるパスポートと入国スタンプのチェックがありますのでお手元のパスポートを提示してください。
係官によるチェック後、到着免税店のフロアを通り抜け荷物の受け取りに向かいます(到着空港によっては免税店が無い場合もございます)。

⑤預け荷物受け取り

出発空港で預けた荷物(スーツケース等)を受けとります。
預け荷物が出てくるターンテーブルの番号は空港内の案内モニターでご確認ください。

万が一出発地で預けた荷物が出てこない場合や破損していた場合は出発地での搭乗手続き時に受け取った荷物の預かり証(クレームタグ)を係員に見せ、その案内に従って手続きをしてください。

⑥税関審査・空港外へ

荷物を受け取った後は税関審査へと進みます。現在は税関申告書の記入は不要。チェックもほとんどありません。
税関審査場を通り抜け外に出ると入国に関する手続きはすべて終了です。

弊社でガイドや専用車等を手配された方は空港外(右の写真だと左側にある出口から外に出ます。写真にはその出口は写っていないですが、、)から外に出たところでお客様のお名前を書いたボードを持って担当者がお待ちしております。

ようこそインドへ!素敵なインド滞在をお楽しみいただければと思います。

GNHトラベル&サービスではインド旅行に関するあらゆる手配を承っております。航空券、ビザの手配、現地でのホテルや専用車、ガイドの手配等など。どんな事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

インド旅行はGNHトラベル&サービスで!!

Back To Top
×Close search
Search