skip to Main Content
03-6416-1555   03-6416-1543    お問い合わせ

やまなでございます。

いやあ、、気付いたら今年も11月になってますね。あと2ヶ月弱で今年も終わり。
今年もまあ去年と一緒な感じでしたが、来年は良い年になりますよね!絶対!!

という事で今日はなんとなく自分の中でもきちんとクリアにするために、「今日現在」の情報をもとにインドに行くための準備、その他についてここに書いておこうかなーなんて思っております。
あ、もちろんこれはあくまでも本日現在の情報なので、明日になればガッツリ変わっている可能性もなくはないですが、、、

という事で僕の知ってる限り本日現在ではこんな感じでございます。

■現在インドに運航している航空会社・便名

【エア・インディア】
~東京・成田/デリー往復を週3便運航しています。

成田→デリー AI-307 水・金・日 11:30/18:00
デリー→成田 AI-306 火・木・土 21:15/08:00+1(翌日着)

【日本航空】
~東京・羽田/デリー往復を週4便運航しています。

羽田→デリー JL-039 火・水・金・日 11:45/18:40
デリー→羽田 JL-030 火・水・金・日 20:05/06:55+1(翌日着)

~東京・成田/ベンガルール間を週1便運航しています。
成田→ベンガルール JL-753 木 18:00/01:30+1(翌日着)
ベンガルール→成田 JL-754 土 02:05/14:10

【全日空】
~東京・羽田/デリー往復を週3便運航しています。

羽田→デリー NH-837 月・水・金 10:15/17:15
デリー→羽田 NH-838 月・水・金 18:45/06:05+1(翌日着)

~東京・成田/ムンバイ間を週1便運航しています。
成田→ムンバイ NH-829 水 11:05/18:25
ムンバイ→成田 NH-830 木 20:00/07:25+1(翌日着)

※ヴィスタラ航空は現在運航を停止しています。
※上記フライトは暫定二か国間旅客運送「エア・バブル」としての運航となります。
 「エア・バブル」便は二か国間の運送を対象としていますので、利用・搭乗には一定の制限が課せられています。

~エア・バブル便に搭乗可能な絶対的な条件~
〇往路
1)インド国籍の方
2)インド永住権(OCI)を持つ日本国籍の方
3)有効なインドの査証を持つ方
注:インドに入国せず、インドを経由して第三国へ向かう旅程の方は原則搭乗することが出来ません。

〇復路
1)日本国籍の方
2)有効な日本の査証を持つ方
注:往路便と同様、日本に入国せず第三国へ向かう旅程の方は原則搭乗することが出来ません。

■インドの査証(ビザ)について
以前に発給されたビザ(ステッカービザ、Eビザ)のうち、全てのカテゴリのEビザ、ツーリストビザ、メディカル・ビザについては有効期限が残っていたとしても全て無効となっております。
それ以外のビザに関しては有効期限が残っている物に関しては全て有効になっています。

現在日本国籍の方は下記のサイトより下記カテゴリのEビザの申請が可能となっています。
https://indianvisaonline.gov.in/evisa/tvoa.html
1)eツーリストビザ(30日間有効 一回入国のみ)
2)eメディカルビザ
3)eビジネスビザ
4)eカンファレンスビザ
5)eメディカルアテンダントビザ

この中で皆さまが申請される可能性の高いのはeツーリストビザでしょうか。
申請方法、必要書類などはコロナ以前とそれほど変わりはありません。申請完了後、早ければ翌日には発給されます。

また大使館・領事館で申請するステッカービザに関しては現在のところビジネスやトランジットは発給されていますが、観光ビザに関しては「本国より発給の許可は出ていません」とのことでございました。

という事でまずインドに渡航する際に上記航空機の手配とビザの取得は必須条件ですよね。
で、それが完了した後にも様々な準備が必要となっています。

①利用航空会社への事前搭乗登録
新型コロナウィルス感染拡大を抑止する観点から、インドに乗り入れている航空会社は搭乗者の個人情報を含む搭乗者名簿を事前にインド政府の在外公館に提出しなければなりません。その為、事前に下記のサイトより搭乗登録が必要となります。

■エア・インディア
https://airindia.xsrv.jp/script/mailform/atb/
■日本航空
※東京→デリー便
https://enq.jal.co.jp/cre/Enquete/Question?enq=fLTGXpv71HY%3D&sessionsubkey=71549d45d1e86ab98741b22b521b4537
※東京→ベンガルール便
https://enq.jal.co.jp/cre/Enquete/Question?enq=Kuk5weEHDUw%3D&sessionsubkey=210da7152ff9990b611134c795c43526
■全日空
下記ページ内のフォームに必要事項を記入し、パスワード保護をかけたうえでメールにて送付
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/coronavirus-travel-information/immigration/

②PCR検査
搭乗便出発の72時間以内に検体を採取したRT-PCR法(もしくはLAMP法)での検査を受け、有効な陰性証明書を取得する必要があります。
ちなみに検体の採取方法は特に明示されていません。
こちらはそれなりに費用がかかりますが、やっぱり実際にインド行きの証明書を出したことのあるところにお願いするのが安心ですかね。

③入国に関する事前のオンライン手続き(Air Suvidha)への登録
インドへの搭乗客は必ず事前に下記のページより手続きを済ませ、電子データによる自己申告書(Self-declaration Form)を取得する必要があります。
https://www.newdelhiairport.in/airsuvidha/apho-registration
※陰性証明書、ワクチン接種証明書、パスポートのデータをアップロードする必要があります。サイズは1M以内。PDFに指定されています。
※現在、以前あったデリー到着時のPCR検査は廃止されているとのことです。
上記手続きを済ませる事により、インドの国内線乗り継ぎや国内の移動(州によっては別途制限があります)も可能となります。
また、14日間のセルフモニタリングが要請されていますがこれは特に行動制限を伴うものではありません。

と、出発前にここ迄の準備をしっかりと済ませた上で空港へ向かい搭乗手続きへっていう流れになります。

もちろんこれが全てではないのですが、「搭乗してインドへ向かう」という事に関していえば上記が現時点で最低限必要な事前の準備ですかね。
いやあ、、こうやって改めて書いてみて自分でもクリアになりました。
まあ現状ではインドに行って帰国後には検疫所指定施設で3日間の待機。そしてその後は公共交通機関を使わずに移動し、さらに11泊の自主隔離がありますので、まだまだハードル高いですかね。やっぱり。

もちろん出発空港でも機内でも到着してからも様々な規制があるのでしょうが、、

すいません。僕もまだ実際に乗れていないのでその辺りは詳しく書く事ができないんですよね。
やっぱこれ色々ありますが自分で実際に行ってみないとダメですね。でないと説得力と責任もってお客様にきちんとご案内できないですし。。
そもそも本当に11月15日以降は一般の観光客が入国できるのか??という疑問もありますが(笑)。

いやあ、今月は忙しくなりそうっす!
色々ありますがやっぱり楽しみですよね!!

という事で長くなりそうなので本日はこれくらいで。
次回は帰国する際の諸々について自分でちゃんと把握するためにまとめてみたいと思いまっす!!

やまな

******************************************
■GNHトラベル&サービス オフィシャルサイト:https://gnhtravel.com
■GNHトラベル&サービス ブータン旅行専門サイト: https://www.gnh-bhutan.jp
facebook
twitter
Instagram
GNHトラベル&サービス youtubeチャンネル

******************************************
■カード決済取り扱い始めました■
【写真集・LADAKH LADAKH ~6人の写真家のまなざしが捉えた、ラダックの知られざる魅力】
******************************************

Back To Top
×Close search
Search