skip to Main Content
03-6416-1555   03-6416-1543    お問い合わせ

やまなでございます。

いやあ、、夏に向けてなんやかんや盛り上がってまいりました。
本当に今年の夏も多くのお客様にご利用頂いておりまして心より感謝申し上げます。
ありがたいことですよね。本当に。

さて今日はちょっと先週金曜日にブータンから入ってきた情報をお伝えしようかと。

現在、ブータンとインドの国境で第三国人がオフィシャルに通過出来る場所は4カ所あるんですね。
西から順に。。。

①サムツェとインド側の国境
②プンツォリンとインド側の国境
③ゲレフとインド側の国境
④サムドゥプ・ジョンカルとインド側の国境

ご存じのようにこの4ヶ所ですね。
ちなみにこちらもご存じ(?)のように僕は昔から国境マニアなのでこの4つの国境を全て通過したことがあるのですが、、、

さてそうなんです。
先週金曜日にいきなりなんですが、、、

「東のサムドゥプ・ジョンカルだけどインド側からの入国はOKだけど、インド側への出国はダメだからよろしく!」

っていう通達が出たんですね。
ちなみにTCB(観光局)からの正式発表はこちらです。

Notification on exit via Samdrup Jongkhar

いや、、、まぢか!!!!!!
これ結構というかかなり困るんですが。ほんとに。

もちろん現地にも色々確認してもらっているのですが、とりあえず現状は「次の沙汰を待て!!」という感じなんですね。

この国境、ご存知の方も多いと思いますが昔から往復通れなかったかり、出国は出来るけどブータンに入国は出来なかったり、
まあ場所も場所だし、アッサム側の問題もあり色々ある国境なんですね。
ここ10年くらいは落ち着いてほぼほぼ何も問題なかったんだけどなあ。。

基本的にほぼほぼ間違いなくインド側の手続き、その他の問題なんだよなー。
ここのインド側のイミグレーション。こんな感じですからね(笑)。

まあブータンなんで、10日位したら「あ、あれ止めたのでよろしく!」って言ってそうな気もするのですが。

とにかく現状「入国はOK、でも出国はダメ!!」っていう感じになっちゃいましたので、
ご予定されている方はご注意くださいね。

【特別企画】2019.8.18~8.24 今年の夏は関健作さんと共にブータンに里帰りへ!!
【催行確定】第7回 写真家・関健作と行くブータンの旅

やまな
******************************************
■GNHトラベル&サービスがご案内する特別企画・ツアーのご案内■
【催行確定 第7回 写真家・関健作と行くブータンの旅】
【催行確定 写真家・三井昌志と撮るインド・ラダック ~ヌブラ谷とパンゴン・ツォの旅~】
【LADAKH LADAKH ~6人の写真家のまなざしが捉えた、ラダックの知られざる魅力】
******************************************

Back To Top
×Close search
Search