skip to Main Content
03-6416-1555   03-6416-1543    お問い合わせ

おはようございます。

今日は、ブータンの女子中学生が日本語でブータンの魅力を紹介している動画のご紹介です。

この動画は「南アジア日本語ショートフィルムコンテスト2019」のエントリー作品として、YouTubeで見ることができます。

このコンテストの説明として『南アジアのインド・ブータン・バングラデシュ・スリランカ・パキスタン・ネパールの日本語学習者たちが日本語でみなさんの好きな街を紹介してくれています。ぜひ、みなさん好きなショートフィルムに「いいね!」をしてください!』と紹介があり、テーマは「私の好きな街」。動画についた「いいね」の数で受賞が決まるそうです。

ブータン編はこちらです!

女子中学生15歳のナムゲ・チョデン(Namgay Choden)さんが、めいいっぱい、ブータンや首都ティンプーの魅力を伝えてくれています。私はブータンの人の気質として、「素直で人のために一生懸命つくす」印象がありますが、この動画も3分間の中で彼女がブータンの魅力を自分で日本語で伝えたい!というフレッシュな気持ちが伝わる動画です。

ブータンの国の動物ターキン、タシチョ・ゾン、メモリアルチョルテン、ブッダポイント、時計広場、美術学校、ブータンのソウル・フードであるエマダツィや大好きなラーメン!も流暢な日本語で紹介してくれています。これをみたらブータンに行きたくなること間違いなし!!

(タシチョ・ゾン)

他の動画を見てみたのですが、チョデンさんの作品のクオリティは全30作品の中でもかなり高いと思います。何よりも一生懸命な気持ちが前面に出ていて、日本語の上手さにびっくりします。

また他の作品も見てから比べるのも良いですね。南アジアの諸都市の魅力が伝わってくるので、動画を見ているとこの街のこんなところが見てみたい!という気持ちになります。

個人的には・・インド・オリッサ州のブバネーシュワル、タミルナドゥ州のチェンナイ、同州のカンチープラム、スリランカのマータレーを紹介した組の動画も興味深かったです。カンチープラム編の少年はおそらく小学生で、こんな小さなころから日本語を学習し、上手に話すことに驚きました。日本語学習をするだけでも大変だろうに、構成、動画の撮影、出演、音楽を入れて編集まで、年齢や暮らしている地域に関わらず、自由に表現をすることができる時代なんだと改めて思ってしまいました。

ぜひ、みなさんもご興味があればご覧になってくださいね。そしてもし気に入ったものがあったら、12⽉16⽇16時30分(日本時間)までにいいね!を押して支持すると応援作品が受賞するかもしれません。

キトト

******************************************
【第5回 写真家・三井昌志と撮るインド・バラナシ ~素顔のインドを撮る旅~】
【LADAKH LADAKH ~6人の写真家のまなざしが捉えた、ラダックの知られざる魅力】
******************************************

Back To Top
×Close search
Search